Neu interesse はモータースポーツを応援しています。

MOTOR SPORTS SUPPORTING ACTIVITY

 

ノイインテレッセが応援するアンバサダーの皆様です。
コラボモデルやブランドイメージを育ててくれています。

Racing Driver

レーシング ドライバー

坂本祐也選手 

1978年生まれ レーシングドライバー
19歳の秋、イギリスで行われた世界大会「ジムラッセルワールドスカラシップ」では、慣れない環境の中、他を寄せ付けない速さで世界チャンピオンを獲得する。1998年には、イギリス・フォーミュラ・ヴォクソールジュニアにフル参戦を果たした。2006年、全日本スポーツカー耐久選手権LMP2クラスでシリーズチャンピオンを獲得し、翌2007年からは国内最高峰のスーパーGTに参戦。初年度から3位表彰台を獲得し、2009年にはランボルギーニ・ガヤルドにとって、初のポールポジションをもたらした。2015年は、SUPER GTで長年ポルシェを走らせる名門チームPorsche Team KTR Excellence Motorsportから参戦を果たした。

松田秀士選手

1954年生まれ レーシングドライバー
1996年の米国最大の自動車レースINDY500で、当時の日本人最高記録である8位という好成績を残す。また4レース中3回完走、1年に1度の予選を必ず通過し、毎年好成績をおさめることが米国でも話題となった。全日本GT選手権(現SUPER GT)など日本最高峰のレースには、1994年から参戦し続けている。特に、1995年にはポルシェを駆りただ一人1年間に2勝。その後も、ポルシェでの優勝が多く、ポルシェ使いとも呼ばれた。また、モータージャーナリストとして各誌に執筆する他、CS放送やケーブルTVのコメンテーターも努める。
 


Neu Interesse Special Cross Talk
松田秀士×諸井猛 クラシックカーに魅せられた2人が語る、その普遍的魅力

横溝直輝選手

1980年生まれ レーシングドライバー
9歳からレーシングカートをスタートさせ、カートの最高峰クラスを経て、18歳でフォーミュラの世界へ。2001年にフォーミュラトヨタシリーズで年間最多勝記録でチャンピオンを獲得その後F3、フォーミュラニッポンで活躍。2005年からスーパーGTシリーズにも参戦を開始。GT500、GT300の両クラスで優勝経験があり、2012 年にはスーパーGTシリーズチャンピオンを獲得。2013年はアジアンルマンチャンピオン、2015年に初代 KLGPのチャンピオンを獲得。最近は海外レースにも積極的に参戦、GT World Challenge Asiaでは日本人初優勝。アジアで活躍する日本人のパイオニア的存在。

織戸学選手 

1968年生まれ レーシングドライバー
千葉県出身。自動車雑誌「CARBOY」主催のドリフトコンテストの初代チャンピオンに輝き、1996年からスーパーGTの活動をスタート。GT500クラスに8年間乗り、2度の優勝を経験している。1997年には、GT300クラスにてシリーズチャンピオンを獲得。2004年ル・マン24時間レースGTクラスにおいて2位。2005年にはスーパー耐久STクラス1にてシリーズチャンピオン。2009年SUPER GT・GT300クラスにてシリーズチャンピオン。ニックネームはMAX織戸。勝つたびにレースや雑誌、ビデオと活動の幅を広げていき、文字通りレース界のスター的な存在。現在は活躍の場を日本国内だけでなく、世界へと広げている。

松井孝允選手 

1987年生まれ レーシングドライバー
2006年 FJ1600 岡山シリーズでチャンピオンを獲得
19歳でトヨタの育成プログラムに抜擢されFCJ(フォーミュラチャレンジジャパン)に2年間参戦し一年目で表彰台獲得、二年目は3勝を挙げシリーズ4位となる。22歳で一旦レースを離れサラリーマンとして生活していたが2015年、再び白羽の矢がたちレースに復帰しスーパーGT、スーパー耐久、ニュルブルクリンク24時間と一気にトップカテゴリーに昇りつめ、その勢いのままに2016年にGT300でチャンピオンを獲得。2020年はマシンをポルシェに変更し今年の戦いが楽しみ。

猪爪杏奈選手 

1995年生まれ レーシングドライバー
元全日本ジムカーナチャンピオンの父の影響を受け、サーキットを走り始める。ロードスター・パーティレースやスーパー耐久レース、電気自動車レースなどで頭角を現す。2019年は日本自動車大学校からJAF-F4選手権にシリーズ参戦。デビュー2戦目で2位表彰台を獲得しシリーズ5位を獲得した。その他MINI CHALLENGE ASIA. JAPAN SERIESスポット参戦、欧州で開催している女性限定F3レース「WSERIES」のドライバーセレクションに招待された。2020年はピレリ・スーパー耐久シリーズにST-5クラス・ロードスター「ナチュラルチューニング☆クスコ☆NATS」のAドライバーでシリーズチャンピオンを目指す。競争女子選手権、FIA-F4 JAPANESE CHAMPION SHIPにも参戦予定。

塚本奈々美選手 

レーシングドライバー/モデル(ブラジル・サンパウロ出身)
GAZOO86/BRZレースでプロデビュー、2015年にはポルシェカレラカップで年間チームチャンピオンを獲得。2015年に映画「新劇場版頭文字D」のプロモーションアンバサダーに就任し、国内及び中国のドリフトシリーズに参戦、2018年からはTGRラリーチャレンジにも出場して、レース、ドリフト、ラリーの3カテゴリーの「三刀流」ドライバーとして活躍。2018年~19年にはニュルブルクリンクVLN耐久に参戦、2019年には中国の新自動車ブランドLYNK&CO03のアンバサダーに起用されるなど充実した海外活動を展開。TV・イベント・CMなどにもたびたび出演し「美しすぎるレーサー」として注目されている。

Rally Driver

ラリー ドライバー

篠塚建次郎選手

1948年生まれ ラリードライバー
ラリーは1967年、大学在学中からはじめ、1970年には三菱のファクトリードライバーとして参戦するようになる。国内においての速さは圧倒的で、1975年に海外ラリーデビューを果たす。1976年サファリラリーで日本人初の総合6位に入る。1986年パリ-ダカールラリーに俳優・夏木陽介氏と共に出場。1987年、総合3位、1988年総合2位の好成績を挙げた。同時にWRC(世界ラリー選手権)にも出場をきめ、1988年、アジア・パシフィックラリー選手権(APRC)の初代チャンピオンを皮切りに1991年、1992年のWRCアイボリーコーストラリーで2年連続総合優勝を勝ち取った。1997年パリ-ダカールラリーで総合優勝を成し遂げ日本人初づくしの輝かしい戦績を残している。世界の舞台で戦うことのできる数少ない日本人ドライバー。

Racing Rider

レーシング ライダー

高橋祐紀選手

1984年生まれ レーシングライダー
2000年に全日本ロードレース選手権GP125クラスにデビュー、第9戦SUGOで初優勝を果たした。翌2001年は8戦中4勝を挙げた。2004年、全日本ロードレース選手権 250ccクラス 年間チャンピオン。2006年、MotoGP(世界選手権)250ccクラスのフランスGP ・ ドイツGPで優勝。2010年、Moto2クラスのカタルーニャGPで優勝。2012年、鈴鹿8時間耐久ロードレースで準優勝(TOHO Racing/山口辰也・高橋裕紀・手島雄介)。2015年、アジアロードレース選手権SS600クラスと全日本ロードレース選手権J-GP2クラスでダブルチャンピオンを獲得。全日本は二連覇。2020年MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズに新設されたST1000クラスにおいて初ウイナーに!

Collaboration

コラボレーション
ノイインテレッセ号

ノイインテレッセ号

「ノイインテレッセ」x「頭文字D」のコラボ車両が、2015 GAZOO Racing 86/BRZ Raceに参戦。車名【モルフォ頭文字DサミーK186】のパッケージは、映画『新劇場版「頭文字」Dlegend2-闘走-』とのコラボラッピング。ドライバーは、スーパーGTやD1グランプリで活躍している「織戸学 選手」。
 
チーム体制は、車両提供はK-one Racing Team 。ラッピングデザインベースは『Neu interesse(ノイインテレッセ)』のブランドカラーでもある赤黒ツートン。同時にこのカラーリングはAE86も彷彿とさせる。